葬儀は葬儀社を選択して真心こもったお葬式に

心を込めて

合掌するシニア男性

親しい人が亡くなるという出来事は、多くの人に衝撃と悲しみを与えます。これが親族や家族の場合それらはもっと大きくなるでしょう。また、人が亡くなった場合お葬式をする事になります。このお葬式も最近では様々な種類ありますので、遺族は経済的な面や精神的な面から選んで執り行う事ができます。通常、人が亡くなるとお通夜をし、告別式そして納骨などを行ないますが、最近では直葬という形式を選択する人が増えています。直葬とは、通夜や告別式といった儀式を行なわずに、親しい人や家族だけで執り行う儀式の事を指します。大阪の八尾市でもこういった直葬を選択する人が増えているようです。こういった直葬は、通常の葬儀よりも費用を大きく抑える事ができるため、経済的に厳しいという人が選択しているようです。また、故人が亡くなってまだ悲しみも醒めやらぬ時に多くの人と顔を合わせる事は遺族にとって辛いものです。こういった精神的な面出の直葬はかなりの効果を出します。八尾市では、葬儀を行なう際に故人の遺言に従って行なう事もできます。例えば、生前故人が好きだった曲を流す事もできますし、また好きなものと一緒に火葬をする事もできます。こういったお葬式を選択する人が多く、故人との思い出をゆっくりと振り返る事もできるでしょう。また永代供養を選択する人も数多くいます。永代供養とはお寺などに納骨をし、なかなかお墓参りに行くことができないという人や、墓石を買う予算が無いという人に選択されている方法です。

小さなお葬式

葬儀場

お葬式にもかなりの費用が発生します。新聞のお悔やみ欄に掲載するにも費用がかかりますし、通夜や告別式などもかなりお金がかかると言えます。なので、直葬を選択し費用を抑えるという人が増えています。

もっと見る

故人の遺したもの

3つのダンボール箱

人が亡くなると遺族は様々な事を行なう必要があります。葬式の準備もそうですが、それが一段落すると、故人の遺した遺品を整理する必要があると言えるでしょう。東京には優秀な遺品整理業者が数多くいます。

もっと見る

お寺におあずけ

線香と数珠

人の死は悲しいものですが、遺族は様々な準備に追われて悲しんでもいられません。もし、お墓を作らないと決めたなら、永代供養を選択するという方法があります。永代供養で、遠くにいても安心です。

もっと見る